ぎっくり腰


   「ぎっくり腰」で困っているあなたへ    

なぜ、あなたのツライぎっくり腰が   

ここまで驚くほど変化するのか?

 

あなたも、こんな経験ありませんか?    

もし、あなたが、

  • 重いものを持ち上げようとしたら腰の激痛で立てなくなった…
  • 朝、顔を洗うとき突然腰が痛くなった…
  • 体をひねったら腰に激痛が起こった…
  • くしゃみ・せきをしたら腰を痛めた…
  • 中腰の姿勢で作業をしていたら突然腰に痛みが起こり動けなくなった…

と思ったことがあるなら、このページはあなたのお役に立つ ことでしょう。

 

  ぎっくり腰とは?  

急性腰痛のことで、重いものを急に持ち上げたり、体を急にねじったり、中腰の状態で長時間仕事をしたりすることにより起こり、突発的に起こるはげしい腰痛のことです。
くしゃみやせきをしただけで起こることもあります。
ドイツでは「魔女の一撃」とも言われ、激しい痛みのために動けなくなります。
腹筋や背筋の力が衰えた人や中高年の人に多く見られます。

 

  ぎっくり腰の原因  

準備状態にない腰の筋肉に急激な負荷がかかることにより起こります。
それにより、腰椎の関節がずれたり、椎間板が傷付いたりすることもあります。

 

   施術の目的   

ずれて元に戻りきれなかった腰の骨(腰椎椎骨)を元に戻す事と、変形した椎間板を元の形に戻すために行います。

 

    施術方法    

ぎっくり腰を起こした時は、まずは横になって安静にし、患部をアイシングします。
痛みが軽減したら、筋肉の緊張を緩めながら、腰椎の関節のずれなどを元に戻していきます。
骨盤および腰椎の歪みの矯正なども行います。
血行を良くするために腰部を温めたり、腰椎の保護や腰部を安定させたり正しい姿勢を保つために、コルセットのようなもので固定することを勧める場合もあります。
ぎっくり腰は、一度治っても再発する場合があるので、再発防止のため姿勢の改善や腹筋・背筋などを鍛えるようにします。

 

対応する施術コース】
・全身ケアコース

 

Facebook Comments