O脚


   「O脚」で困っているあなたへ    

なぜ、あなたの気になるO脚が   

ここまで驚くほど変化するのか?

 

あなたも、こんな経験ありませんか?    

もし、あなたが、

  • 足を揃えて立ったときに、両膝の間や股の下があく…
  • ふくらはぎが外側にはり出している…
  • 膝頭が内側を向いている…
  • 足を揃えたときに、左右の内くるぶしの間にすき間がある…
  • ぺちゃんこ座りやあぐらをよくする…

と思ったことがあるなら、このページはあなたのお役に立つ ことでしょう。

 

  O脚とは?  

O脚(おーきゃく)とは、医学用語では内反膝(ないはんしつ)と呼び、
両膝のお皿(膝蓋骨)を正面に向け、つま先とかかとをつけて真っ直ぐに
立った時、
膝を中心に左右の足の間に隙間があいている状態を言います。

 

  O脚の原因  

大きく分けると、
①先天的な骨格の歪み、②生活習慣の積み重ねによる骨格の歪み、
③加齢で膝の軟骨(半月板)が削れて変形することによる歪み
などがあります。

多いのは②で、子供の時からの成長過程で歩き方・座り方・立ち方・靴
などの生活習慣から筋肉と骨格の使い方がアンバランスになると
起こりやすくなります。

大人になってからも多くは日常の動作に原因があります。

座るときにぺちゃんこ座りをよくする、椅子に座った時に脚を組む
片足に体重をかける立ち姿勢あぐらなどです。

長い年月をかけて骨盤や股関節などが歪んで起こります。

 

   施術の目的   

骨盤の歪みや股関節・膝関節のずれなどを矯正、内転筋などの筋肉の
働きを強くし、O脚を目立たなくします。

 

    施術方法    

骨盤、股関節、膝関節、足首などの骨格の歪みやずれを矯正します。

また、関節まわりの筋肉や靭帯をやわらかくし、正しい位置に戻りやすくします。

ゴムバンドを使って歪みを調整します。

膝の間に小さな物を挟んで落とさないようにする、そのままかかとを上げ下げする、
などで内転筋を鍛えます。

膝の上の部分をゴムバンドなどで軽く縛っておくと長時間の矯正が可能です。

 

対応する施術コース】
・姿勢矯正コース

 

 

Facebook Comments