肋間神経痛


   「肋間神経痛」で困っているあなたへ    

なぜ、あなたのツライ肋間神経痛が   

ここまで驚くほど変化するのか?

 

あなたも、こんな経験ありませんか?    

もし、あなたが、

  • 胸や脇腹や背中などに針で刺したような痛みがある…
  • 突然胸が苦しくなった…
  • 胸の片側に鋭い痛みが繰り返し起こる…
  • 胸の痛みで夜も寝れない…
  • マッサージしても胸の痛みが引かない…

と思ったことがあるなら、このページはあなたのお役に立つ ことでしょう。

 

  肋間神経痛とは?  

背中から出て肋骨に沿って走る肋間神経は、胸部の筋肉を動かす運動神経や皮膚の感覚を司っています。
肋間神経痛の痛みは肋骨に沿って片側に出ることが多く、針を刺したような鋭い痛みが繰り返し発作的に起こります。

 

  肋間神経痛の原因  

肋間神経痛の原因にはいくつかありますが、ストレス性のものや、肋骨に沿っている神経が背骨のゆがみや筋肉の硬直などで圧迫されて痛みを生じます。
脊椎の椎間板ヘルニアや側弯症でも起こることがあります。
側弯症は背骨が先天的または後天的に側弯することで、肋骨の捻じれが生じ、筋肉や靭帯に負荷がかかり、神経を圧迫して、痛みを生じます。

 

   施術の目的   

脊椎の歪みや筋肉の硬直や後天的な側弯を改善することで背骨から肋骨にかけて神経の圧迫を解消します。

 

    施術方法    

肋骨まわりの筋肉・筋膜の緊張を取り除き、血行を良くします。
胸の痛みが軽くなってきたら、脊椎の歪みも矯正します。
椎間板ヘルニアや側弯が原因の場合は、それらの改善が必要です。

 

対応する施術コース】
・全身ケアコース

 

Facebook Comments