右の肩甲骨のしびれなど身体の右側だけ違和感を感じるのは体軸が歪んでいるから? | 沖縄県那覇市の首痛・背中痛・腰痛・顔の専門、姿勢を整え歪みのない体を創るカイロプラクティック・整体院『センジュラク』こんにちは!
ゆがみ矯正.comのカイロプラクター佐久眞正弘です。

右の肩甲骨のしびれ、頭痛(右側)、右首筋の痛みなど、
身体の右側だけ違和感を感じたことはありませんか?

右肩甲骨のしびれ

右肩甲骨のしびれ頭痛(右側)右首筋の痛み、
右脚の付け根や右膝の違和感など、身体の右側全体に
違和感があるという20代女性が来院されました。

整形外科を受診し、首・背中・腰のレントゲン撮影では
「異常なし」だったそうです。

痛み止めやしびれを押さえるための薬を飲んでも治らない
ため、ホームページを見て当院を訪れたようでした。

1ヵ月程前から症状が出てきたそうですが、その頃は
就職採用試験前のため連日
試験勉強をしていたそうで、
長時間座った姿勢が多かったようでした。

特に、椅子に座っているときに症状が最も強く出るとのことでした。

座っているときは脚を組む癖があるようでした。

走るとき右膝の痛みも感じるようでした。

睡眠時間は1日5時間くらいで、背中の違和感で
夜中に目が覚めることがあるようでした。

検査してみると、立っているときの腰の位置が少し右に
ずれていて、仰向けに寝ているときの姿勢も真っ直ぐ
ではありませんでした(下写真)。

寝姿勢

上体の側屈は右に曲げにくい様子で、両脚の長さには
左右差があり、骨盤の左右の高さは左に傾いていました。

骨盤の歪み(傾き)

骨盤の右の仙腸関節を押すと痛みがあるようでした。

首は、頸椎の右側全体に痛みを感じるようでした。

背中は、胸椎の3番・4番あたりに痛みを感じるようでした。

右肩甲骨のしびれなど身体の右側にだけ違和感が起こる
原因
としては、以下のようなことが考えられます。

長時間同じ姿勢でのデスクワークで、いつも身体の
右側に多くの負担をかける姿勢を続けていた。

脚を組むなどの悪い癖や習慣などで、骨盤が歪んだり
体軸が右に曲がって左右のバランスが崩れ、身体の右側
の筋肉に負荷のかかり過ぎや使い過ぎなどが生じ、筋肉疲労を起こした。

筋膜の癒着などで右側の肩甲骨や骨盤などにズレや歪み
が起こり、首の右側から肩甲骨・背骨・骨盤などに
つながっている筋肉の動きが悪くなり、血行不良に陥った。

睡眠不足による疲労の蓄積

寝姿勢が悪い

その他の異常

①は、長時間椅子に座った姿勢を続けると、姿勢を
維持するために筋肉が緊張し、疲労の蓄積や血行不良が
起こり、右側に負担をかける姿勢が多いと、右側に
痛みやしびれを起こすようになります。

座った姿勢

②は、悪い癖や習慣などで、骨盤が歪んだり体軸が右に
曲がって左右の体重バランスが崩れると、身体の右側の
筋肉に多くの負荷がかかることで筋肉疲労を起こします。

③は、筋膜の癒着などで右側の肩甲骨や骨盤などにズレや
歪みが生じ、右側のつながっている筋肉の動きが悪く
なって、血行不良を起こします。

④は、睡眠時間が1日5時間と短めで、背中の違和感で
夜中に目が覚めることもあるため、睡眠不足状態になり、
筋肉や神経の疲労が蓄積して、筋肉や神経の働きに異常を
引き起こしやすくなります。

⑤は、敷布団や枕の影響などで寝姿勢が悪くなったり、
寝返りが少なく同じ寝姿勢が多いと、身体への圧迫により
血行が悪くなったりします。

⑥は、肺や肝臓などの内蔵の異常や他の病気の可能性など
が考えられます。

このお客様の場合、①~⑤が原因として考えられます
ので、施術で原因を取り除くことが可能です。

また、悪い癖や生活習慣などを見直し改善することも必要です。

症状に思い当たりのある方は、放置せずに、まずは施術
によるケアをお勧めします。