便秘は骨盤の歪みや水分摂取量と関係がある? | 沖縄県那覇市の首痛・背中痛・腰痛・顔の専門、姿勢を整え歪みのない体を創るカイロプラクティック・整体院『センジュラク』
こんにちは!

ゆがみ矯正.comのカイロプラクター佐久眞正弘です。

便秘は女性に多いイメージがあります。

先日も、長い間便秘で悩まれている50代女性の
お客様が
お見えになりました。

このお客様は、便秘に良いというものはほとんど試してみたそうです。

便秘薬や下剤、ヨモギ、アロエ、青汁、くまざさ、
オリゴ糖、浣腸、・・・など。

しかし、どれも効果がなく、おなかにはガスが
どんどん溜まり、
イライラが続く毎日。

便秘

そして、とうとう自力では排便できなくなり、
当院の
ホームページ見つけて訪れたようです。

カイロプラクティックがどういうものかわからず、
初めは不安や怖さもあったそうですが、施術を
受けてみて、
少し安心したようでした。

便秘は、排便が順調に行われず、便が長時間腸内に
停滞している状態です。

腸の中を内容物が通常よりもゆっくり進むため、
水分が
吸収されすぎて、便が硬くなり出にくくなった状態です。

排便困難、便量の減少、不快感や腹部膨満感、腹痛
などがあり、日常生活にも支障が出る場合もあります。

排便は1日1回が普通ですが、2日に1回でも、
そのサイクルがきちんと繰り返され、排便後に
すっきり
するのであれば問題ないと思われます。

しかし、長く続く場合や、便秘と下痢を繰り返す
ような
場合は注意する必要があります。

便秘になると、腸の中で便の腐敗が進み、悪玉菌が
大量に増え、有害物質が発生します。

その毒素は腸から再吸収されて血液中に溶け込み、
全身にまわることになります。

肌荒れ、痔、大腸癌など、様々な疾病の原因にもなります。

便秘は、腸に様々な負担をかけ、腸の働きが停滞すると起こります。

骨盤が歪むと、神経が圧迫され、腰やおなかの
まわりの
筋肉が緊張して腸を圧迫して、蠕動運動が
正常に
できにくくなります

また、猫背などの悪い姿勢だと、特に腸は圧迫
された
状態になりやすくなります。

大腸の働きをコントロールしているのは、自律神経です。

大腸は副交感神経が優位にあるとき蠕動運動が起こります。

歪み等が原因で神経が圧迫を受けると、蠕動運動が
弱まる
原因にもなります。

骨盤の歪みや姿勢を改善し、神経の圧迫を取り
除いて、
腸の運動を妨げる筋肉の緊張を取り除く
ことで
便秘も改善します。

女性が男性に比べて便秘が多い理由として、
女性ホルモン
である黄体ホルモンが関係している場合があります。

黄体ホルモンは、大腸の蠕動運動を抑える作用
あり、
排卵から月経にかけて盛んに分泌される
ため、この時期に
便秘が起こりやすくなります。

排便を我慢したりすると、直腸の排便反射が低下
して
しまうため、便秘になることもあります。

また、便秘は日常的に水分摂取量が少ない場合も
起こり
やすくなります

このお客様は、1日の水の摂取量がコップ1杯程度
(300ml)と
かなり少ない状態でした。

そこで、水分摂取量を増やすように指導しました。

最初は水を飲むのが辛そうでしたが、水分摂取量を
徐々に
増やしていったところ、便が少しずつ出るようになりました。

1回に出る便の量も、最初は小指の先程くらい
だったのが、
徐々に増えてきたということです。

また、調子がよいときは、5日連続で出たときも
あった
ということでした。

現在では、1日1,500mlくらいまで水を摂取できる
ようになりました。

腸の運動を適切に保ち、排泄をスムーズにする
ためには、腸を積極的に動かす食材や食事と
毎日充分な水分
を取ることと、
歪みがあれば改善
し、排便を我慢しない
ことも大切です。