顎関節症は生活習慣と関係がある | 沖縄県那覇市の首痛・背中痛・腰痛・顔の専門、姿勢を整え歪みのない体を創るカイロプラクティック・整体院『センジュラク』
こんにちは!

ゆがみ矯正.comのカイロプラクター佐久眞正弘です。

先日、顎が痛いというお客様が来院されました。

ドッジボールの試合中に子供の投げたボールが
左の顔に当たってから左顎が痛くなったという
40代女性
お客様です。

それからはご飯も十分に食べられなくなり、
くしゃみ
をしたり笑ったりすると顎に激しい痛みが
起こり、
夜も眠りが浅く、頭痛もひどくなったそうです。

顎の痛み

このお客様は、1回目の施術で顎の痛みが
僅かに残る
程度にまで改善しました。

その日は、久しぶりにご飯を美味しく食べる
ことができ、夜もぐっすり眠ることができた、
と翌日の来院の時に
話されていました。

この症例は、ボールが左顔を直撃したことで、
左の
顎関節にずれが生じて顎の動きが悪くなり、
顎関節
に関係する筋肉・靭帯もダメージを受けた
ことで、
神経を刺激して痛みが生じたものと考えられました。

下顎骨は頭蓋骨にぶら下がった状態でついている
ので、
顔の横から強い衝撃を受けたりすると
顎関節がずれ、
下顎骨が歪むことがあります。

また、顎の痛みの原因には生活習慣からくるものが
多くありますが、以下のような症状がある場合は、
顎関節症が疑われます。

・口を開けようとすると痛い、または、顎が痛い

・顎を動かす時に音がする

・口があまり大きく開かない

・急にかみ合わせが変化した

・顎が閉じない

・頭痛があり、首や肩の痛みやこりがある

・耳が痛い、耳鳴り、耳が詰まった感じ、めまい
などがある


顎関節症とは、顎関節や咀嚼筋の疼痛や違和感、
口を大きく開けられない
(開口障害)、あごを
動かすと音がする(関節雑音)
などを主な症状
とする顎関節の疾患
を言います。

その他、咀嚼筋障害、関節包・靭帯障害、関節円盤
障害、変形性関節症などが含まれます。

側頭下顎部障害(TMD)とも呼びます。

症状は顎関節だけでなく頭部・首・肩などの広範囲
発現します

悪化すると、頭痛、首や肩のこり、手足や腰の
しびれ、
めまい、耳鳴り、胸の痛み、鼻づまり、
吐き気、
食欲低下、疲労感、イライラ、不眠症
など全身の
不調につながります。

以下のようないくつかの原因があり、それらが
積み重なって耐久限界を超えたときに発症すると
考えられています。

・就寝中や肉体労働時などに歯ぎしり・くいしばり・
歯をカチカチ鳴らすなど(ブラキシズムという)をする

・ストレスや精神的緊張がある

・左右のどちらか片方ばかりで噛む癖(偏咀嚼)
がある

・虫歯や歯周炎、歯の噛み合わせが悪い

・うつ伏せに寝る、頬杖をつく癖がある

・姿勢が猫背

・横向きでテレビを見る、同じ足を組んで座ることが多い

・顎などを強く打って顎関節や靭帯を損傷した
顎が急に痛くなった場合は、顎にできるだけ負担を
かけないようにします。

しばらくは硬いものを控え、患部を冷やし、
痛みが軽減したら温めます。

顎のマッサージや口の運動で血行を良くします。

睡眠中の食いしばりや歯ぎしりを防ぐ方法に、
マウスピースを使ったスプリント療法という治療法
もありますので、歯科で相談してみると良いでしょう。

猫背などの悪い姿勢は、カイロプラクティックの
施術
により改善が可能です。

再発を防ぐには、症状が治まってもケアをやめない
ようにしましょう。

生活習慣やクセに原因があることが多いので、
以下の
ような生活習慣やクセがある場合は、
それを改善する
ことが予防につながります。

顎や首に負担をかけるうつ伏せ寝をしない。

歯をくいしばらないようにする。

頬杖をつかない。

猫背などの姿勢を改める。

片側だけで噛む癖を改める

虫歯や歯周炎、歯の噛み合わせを改善する

ストレスをためない。適度な運動やストレッチなど
で体をほぐし、ストレス
を発散する。

 

また、日本整顎協会の整顎教室のメンバーでもある
カイロプラクティックオフィス サンテ・クレエ
では顔のゆがみやたるみを解消するための簡単な
セルフエクササイズを無料で学ぶことができます。

 

更に、以下の登録フォームに登録すると、
顎に関する7日間の無料の
メルマガ講座が届きます

顎のバランスが体の症状にどういう影響を及ぼす
か、
どうしたら顎や体が軽くラクになるのか
について、無料で学ぶこと
ができます

ご希望の方は以下にご登録ください。
(3つ目の項目には
「カイロプラクティックオフィス サンテ・クレエ」
とご記入ください。)

【整顎教室】無料セミナー登録フォーム
お名前  *
メールアドレス  *
今見ているサイト(or院名)  *