冷え性は基礎代謝を下げる | 沖縄県那覇市の首痛・背中痛・腰痛・顔の専門、姿勢を整え歪みのない体を創るカイロプラクティック・整体院『センジュラク』
こんにちは!

ゆがみ矯正.comのカイロプラクター佐久眞正弘です。

女性に多いのが冷え性です。

血液のめぐりが悪くなると起こるのが「冷え」です

冷えとは、末梢の血管が収縮して皮膚に流れる
血液が不足し、手足や腰、背中などが冷たく感じる
ようになることです。

冷え性

冷えには、手足の末端が冷たい、下半身だけが
冷える、体温が低く内蔵が冷えているなど、
さまざまなタイプがあります。

私たちが活動するときは、主に筋肉で熱を発生
させています。

筋肉には毛細血管がたくさん通っており、血液は
酸素と栄養素だけでなく熱も運んでいます

筋肉が弛緩して軟らかくなると、筋肉の毛細血管に
血液が流入し、筋肉が収縮して硬くなれば血液は
静脈の方に押し出されます。

このように筋肉の伸縮を繰り返しながら血液循環が
維持されています。

女性に冷え性が多いのは、女性の場合は男性に
比べて筋肉が少なく、熱を発生する力や血液を
循環させる力が弱いためです。

また、体温調節に関わる自律神経は、女性ホルモン
と同じように脳の視床下部でコントロールされています。

そのため、自律神経が乱れると、女性ホルモンの
バランスも崩れてしまいます。

私たちの体は、食物から得た栄養素をエネルギーや
体をつくる材料に変え、さまざまな過程でできる
老廃物などを排泄しています。

このような体のシステムを代謝といいます。

代謝は化学反応の一種で、さまざまな酵素が
関わっています

酵素は、温度の影響を受け、低温では反応が遅く
なり、
高温では働かなくなってしまいます

酵素反応が速く、安定して行われるためには、
体温を37℃付近に保つ必要があります。

そのために、寒いときは手足の末端や皮膚の表面
などから
熱が奪われるのを防ぐために血管を収縮させます。

そして、心臓や肝臓などが集まる体の中心部に
血液を集めて、体温を維持しようとします。

すると、血液が行き渡りにくくなった手先や足先は
温度が下がって、冷えを感じるようになるのです。

体が冷え、「深部体温」と呼ばれる体の内部の
温度が1℃下がると、基礎代謝は約12%も
下がるといわれています。

基礎代謝が低下すると、痩せにくく太りやすくなります。

冷えはダイエットの大敵でもあります。

腰の冷えは女性に多い症状ですが、腰が冷えると
骨盤内がうっ血して筋肉がこり、骨盤にゆがみが生じます。

すると、腰痛が起こり、さらに背骨全体に影響し、
肩や首のこり、頭痛を招きます。

また、腰の冷えによって周辺の内臓(子宮、卵巣
など)
の機能が低下し、月経困難症などが起こることもあります。

血液循環が悪いために老廃物などが体内にたまり、
皮膚のかさつきや荒れ、くすみとなって現れる
こともあります。

このように、基礎代謝の低下はさまざまな不調と
つながっているのです。

人の体は深部体温が急降下すると眠くなるように
プログラムされています。

眠くなると手足がポカポカと暖かくなってきます。

これは、深部体温を下げるために体温を手足の
毛細血管から放熱しているのです。

ところが、手足が冷えていると末梢の血管が
拡張せず、体温を下げることができなくなり、
寝付きが悪くなってしまいます

そのため、質のよい睡眠ができなくなります。

睡眠の質が悪くなると、お肌の調子や若返りの
ホルモンと呼ばれる成長ホルモンの分泌などが
悪くなってしまいます。

基礎代謝力を上げるには、運動などで筋肉を
増やすことや、質のよい睡眠で成長ホルモンを
増やすことが必要になります。

筋肉の70%は腰から下にあるので、車に乗る
時間を減らし、なるべく歩く時間を増やすと
よいでしょう。