むくみの原因と改善方法 | 沖縄県那覇市の首痛・背中痛・腰痛・顔の専門、姿勢を整え歪みのない体を創るカイロプラクティック・整体院『センジュラク』
こんにちは!

ゆがみ矯正.comのカイロプラクター佐久眞正弘です。

あなたは、朝起きたとき顔が腫れぼったくなって
いたり、
夕方になると脚がむくんだりしたことはないでしょうか?

脚のむくみ

そもそもむくみとは何でしょうか?

むくみは、医学的には浮腫とよばれ、細胞と細胞
の間に水分がたまってしまった状態をいいます。

健康な状態であれば、この水分は体中の血管や
リンパ管を通って全身を巡っているため、どこか
にたまることはありません。

ところが、冷え、栄養素の偏り、運動不足、スト
レスなどの影響で水分の巡りが悪くなると、手足
や顔などの皮膚の下に水分がたまり、むくみと
なってしまうのです。

むくみは、体の解毒力が低下し、老廃物を排泄
しにくい体になっていることを意味しています。

そのまま放置すると代謝が悪くなって太りやすい
体になってしまいます。

むくみの原因となっている水分とは、組織間液
のことです。

組織間液は、血管内にあるときは血漿、リンパ管
内にあるときはリンパ液と呼ばれますが、浸透圧
の作用で血管から細胞、細胞からリンパ管へと
行き来しています。

新陳代謝が行われるとき、血液(動脈血)中の
栄養素は組織間液に乗って細胞へと運ばれ、細胞
から出た老廃物は細胞の外に出ると組織間液と
なって静脈とリンパ管に回収されます。

組織間液の多くは静脈に再吸収されますが、残りは
リンパ管に回収されリンパ液となります。

しかし、リンパ管は血管のように収縮・拡張する
運動機能がないため、リンパ液の循環は血管運動や
筋肉運動により行われます

冷えなどで血管運動が弱かったり、運動不足など
で筋肉が働いていなかったりすると、リンパ液の
流れは滞ってしまいます。

また、リンパ管を流れてきた老廃物は、リンパ節
チェックされ、処理されますが、リンパ液の流れが
悪かったり、老廃物が多すぎたりすると、リンパ節
が詰まってしまいます。

デスクワークで座りっぱなしだったり、立ちっぱな
の仕事が続いたりすると、重力で血漿もリンパ液
下がったままになります。

すると、流れが滞った血管やリンパ管から、血漿や
リンパ液がにじみ出て、組織間液となり、むくんで
しまうのです。

ストレスがかかって緊張すると、血管やリンパ管
自律神経が制御しているため流れが滞り、むくんで
しまいます。

このように、細胞から老廃物を回収するリンパ液の
流れや血液の流れが滞っていると、代謝が悪くなり
さまざまな不調の原因となってしまうのです。

むくみやすい下半身を中心に、マッサージなどで
リンパ液の流れをよくしたり、適度に筋肉を動かし、
血液の流れを良くするようにしましょう!