体の歪みの原因とは? | 沖縄県那覇市の首痛・背中痛・腰痛・顔の専門、姿勢を整え歪みのない体を創るカイロプラクティック・整体院『センジュラク』
こんにちは!

ゆがみ矯正.comのカイロプラクター佐久眞正弘です。

なぜ人間の背骨や骨盤は歪むのでしょうか?

正しい姿勢と歪んだ姿勢

人は直立二足歩行をする動物ですが、このことが
骨や関節、筋肉に負担をかけ、体の歪みをつくり
やすくしているとも言われています。

しかし、歪みの原因の多くは、日常生活における
様々な生活習慣やクセが関係しています。

例えば、次のようなものがあります。

①習慣的:姿勢(立っているときや座っているとき、寝ているときなど)

②事故的:交通事故や転倒など

③精神的:ストレスや心配事による心労

④病理的:病気や薬

⑤運動不足または過度な運動

⑥体の使い方(同一作業など)

⑦内蔵の機能低下

⑧その他(出産、冷え、太り過ぎ、疲労、栄養不足など)

以下のようなクセや習慣があると体は歪みやすくなります。

  • 長時間同じ姿勢が多い。
  • バッグや荷物はいつも同じ手(肩)に持つ(掛ける)
  • 片足に体重をかけて立ったり、足を交差して立つことが多い。
  • イスに座るとき、足を組むクセがある。
  • 床で横座りアヒル座りをすることが多い。
  • イスに浅く腰掛け、背もたれに寄りかかるクセがある。
  • ソファーで姿勢を崩して座ることが多い。
  • 前かがみの姿勢でパソコンやスマートフォンなどの画面を見る。
  • 運転姿勢が悪い。
  • パソコンが机の片側にある。
  • 寝転がってテレビを観たり本を読む。
  • ゴルフなど体をひねるスポーツをしている。
  • 電話をするとき、頭と肩で受話器を挟んでいる。
  • 運動をすることがほとんどない(運動不足)。
  • 寝具はやわらかい敷布団で寝ている。
  • 首に合わない枕をして寝ている。
  • いつも横向きで同じ側に寝ている、あるいはうつ伏せ
    寝ていることがある。
  • 片方の手や足だけをよく使う。
  • 同一作業で常に同じ筋肉だけを使う
  • サイズの合わない靴や下着を身につけている。
  • ストレスを感じることが多い。
  • 食事中に片方の歯だけで噛んでいることがよくある。

また、職業によっても歪みかたに違いがみられます。

重いものを持ったり、力仕事が多い職業では、
腰がやや反りやすくなります。

座った姿勢が多い職業では、腰が丸まりやすく
なります。

立ち仕事が多い職業では、全体に前に傾いた姿勢
になりやすくなります。

体が歪むと、次のような影響が出てきます。

痛みが出る

炎症が起きる

姿勢に変化が起きる

神経の圧迫が起きる

神経障害が起きる

内臓機能の低下が起きる

筋肉が緊張で硬くなったり、バランスが崩れる

血流が悪くなる

姿勢が悪くなると、背骨や骨盤が歪み、筋肉の
バランスも崩れてしまいます。

さらに、歪みが原因で内臓が圧迫されたり、
血流が悪くなると、内臓機能も低下します。

骨盤内には、小腸、大腸、膀胱などがあり、
女性の場合は子宮や卵巣なども含まれています

骨盤が歪むと、これらの臓器を正常な位置で
支えられなくなり、お互いに圧迫してしまいます。

その結果、消化不良や便秘、生理不順、不妊
といった問題や代謝も悪くなり、冷えやむくみ
が起こりやすくなります。

さらに、筋肉のバランスが崩れてしまい、肩こり、
腰痛、頭痛などを引き起こすこともあります。

体の歪みは神経伝達にも影響を及ぼします。

例えば、自律神経は血圧や内臓の機能なども
コントロールしています。

体の歪みがあると、自律神経に影響を及ぼし、
命令がうまく伝達できなくなり、いろいろな症状
を引き起こします。

また、歪みによって血流が悪くなると、酸素や
栄養素が全身の
細胞に届きにくくなり、頭痛、
眠気、
だるさなどを引き起こします。

普段の生活習慣やクセを見直し、体に負担をかけ
過ぎないようにしましょう!